ハイキュー舞台2017秋公演のキャストの身長比較と舞台の感想!

2017年秋上演のハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!進化の夏」は新しく梟谷学園と女子マネや兄姉ズが増えましたね♪
今回もキャラクターとキャストさんの身長を比較してまとめてみました。

大阪公演に行ってきたので感想を追加しました。

2017年秋舞台「進化の夏」キャスト・物販時間・劇場情報まとめはこちらをご覧ください。

キャラクターの身長と役者さんの身長の比較

烏野高校

背番号10番:日向翔陽 162.8cm/須賀健太 166cm
もう日向が馴染んでいますね!とても安心感があります。

背番号9番:影山飛雄 180.6cm/影山達也 178cm
今回キャストが変わって新しい飛雄ですが全然違和感なく、声も近くて自然に見えました。

背番号11番:月島蛍 188.3cm/小坂涼太郎 184cm
今回のストーリーでは重要な立ち位置ですが月島の成長の感じが良かったです><

背番号12番:山口忠 179.5cm/三浦海里 175cm
ストーリー的に好きな場面なので山口ー!!ってなります(笑)
より山口が馴染んでいます。

背番号5番:田中龍之介 177.2cm/塩田康平 172cm
安定の田中さんです^^

背番号4番:西谷夕 159.3cm/渕野右登 165cm
今回初出演。身長は渕野さんの方が近いですね。
ハイステのLINE LIVEを観た時に渕野さんは天然な面白い感じだったのですが(笑)
違和感が全然なかったです!

背番号6番:縁下力 175.4cm/川原一馬 174cm
今回も居てくれると安心する縁下さん。今回はいじられキャラが際立ってました(笑)

背番号1番:澤村大地 176.8cm/秋沢健太郎 180cm
大地さんがクローズアップされるのが少ないのですが、優しい感じがします^^

背番号2番:菅原孝支 174.3/猪野広樹 175cm
過去の公演も馴染んでいたのですが、今回特に菅原さん!って感じがしました。先輩感。

背番号3番:東峰旭 184.7cm/冨森ジャスティン 183cm
烏野のエース!という迫力が増している感じがしました!

マネージャー:清水潔子 166.2cm/長尾寧音 167cm
今回初出演。写真からして綺麗です。
お姿も動きも話し方もめっちゃ清子さんでした!美人!

マネージャー:谷地仁花 149.7cm/斎藤亜美 149cm
今回初出演。谷地さんと同じくらいの身長!
可愛かったです!こちらも違和感なし!大活躍です^^
男子に囲まれた時の身長差がすごくピッタリで「わ〜!」って思いました。

音駒高校

背番号1番:黒尾鉄朗 187.7cm/近藤頌利 184cm
クロが板についてる感じですね^^安心感あります。

背番号2番:海信行 176.5cm/武子直輝 175cm
今回は海さんしっかり見つけました!

背番号3番:夜久衛輔 165.2cm/後藤健流 ???cm
動きが素敵な夜久さん☆

背番号4番:山本猛虎 176.7cm/川隅美慎 178cm
山本も自然すぎます。田中さんとノヤっさんとのトリオ良いですね^^

背番号5番:孤爪研磨 169.2cm/永田崇人 167cm
今回もストーリー進行役な感じで結構目立ちます。動きはカッコいいのにちゃんと研磨で素敵でした。

背番号6番:福永招平 178.3cm/梶原颯 178cm
福永さんストーリー上はあまりピックアップされませんが観てると動きが可愛い。

背番号11番:灰羽リエーフ 194.3cm/石倉ノア 185cm
キャラクターの身長で言うと青根(191.8cm)よりも高いのですね。石倉さんは185cmですが充分高そうです。今回初登場。
今回が役者さんとしても本格デビューなのですね!
高校からバレー始めたリエーフと重なりますね。身長は気にならなかったです!

梟谷学園高校

今回初出演。
梟谷は目が追いつかなくて個別にちゃんと認識できなかったので
まとめてコメントさせて頂きたいのですがみんな気にならなかったです。
全体的に動きがキレッキレで木兎さんを支える感じもすごく伝わって
頼りがいがあるメンバーだなと思いました。

背番号4番:木兎光太郎 185.3cm/吉本恒生 182cm
個人的に木兎さん演じるの難しそうと思っていたのですが、ちゃんと木兎さんでした!

背番号5番:赤葦京治 182.3cm/結木滉星 174cm

背番号7番:木葉秋紀 178.8cm/東 拓海 177cm
木葉さんだぁって思いました(どういう感想)

背番号2番:鷲尾辰生 187.8cm/三宅 潤 184cm

背番号3番:猿杙大和 181.5cm/松波優輝 183cm
趣味がパルクールなんでアクションに期待しちゃいます。

背番号11番:小見春樹 164.7cm/高根正樹 168cm

その他

烏野高校顧問:武田一鉄 166.5cm/内田滋 172.5
原作よりキャラが濃いイメージの武ちゃん。今回も面白かったです^^

烏野高校コーチ:烏養繋心 178.2cm/林剛史 180cm
安定の烏養コーチ、いじられっぷりが増してる!?今回は忙しそうでした(続きは感想へ)

嶋田マート:嶋田誠 177.7cm/山口賢人 177cm
今回も気づいたらそこに居る、嶋田さん。

田中の姉:田中冴子 155.2cm/佐達ももこ 167cm
今回初出演。東京ワンピースタワーでナミさん役をされていたのですね。
スタイル良すぎ!!!冴子姉さんの再現率が高すぎました!
スタイルだけでなく全体的にピッタリでした。

月島の兄:月島明光 185.2cm/山川宗一郎 182cm
今回初出演。
原作より優しそうな感じがしましたが、お兄ちゃんでした!

夜久さん役の後藤さんの身長はまだわかりませんでしたが、今回もそれぞれキャラのイメージに合った身長だなと思いました。

今回は初めての女性キャストの方々、とても大活躍で素敵でした♪

パンフレットの感想

今回のパンフレットも人数が多いので厚めでした!キャストさん1人1ページに写真とコメントが載っています。今回オフショットはありません。

全員集合のポスターの間違い探しがありました。笑

キャスト30人が答えたの13の質問やキャストからのお題(問題)に答えるテストもあります。

原作の古舘春一先生のスペシャルイラスト1p。私はこれを楽しみにしてるところもあります。

写真もブロマイドとポーズが違います。大きいサイズで楽しみたいなという方は買ってもいいかなと思います^^

下記からはネタバレの感想になります。OKの方はスクロールしてください。

大阪公演 千秋楽の感想(ネタバレ含む)

東京からスタートして10回目の公演。大阪メルパルクホールで観劇しました。
全体的にコンパクトでステージに近い印象の劇場でした。
駅からも近いですし良いですね。

前回の「勝者と敗者」を観てないので久しぶりのハイステです。

今回は1階席の真ん中あたりで観ました。
ステージは今までと違って八百屋じゃなくなっていて回ったりしません。
最近知ったのですが全体的に傾斜がついた舞台を八百屋っていうんですね。

平らなステージがあって、その奥に河川敷みたいな傾斜がありました。
ぱっと見階段かなと思うような傾斜です。両サイドは実際に階段状になっています。

最初階段だと思っていたんです。キャストがスーって降りてくるのを観て初めて坂になってる!って気づきました。坂を感じさせない動きや、坂を利用した動きがすごい。

奥の壁とその傾斜などにプロジェクションマッピングが映って、床にはほとんどなかったと思います。なので、1階席でも見えないことはありませんでした!

開演前。ワクワクして待っていると突然、武田先生が舞台上に登場!みんなビックリ(笑)
会場は体育館で私達は生徒。これから文化祭の劇が始まるよということで観劇の注意事項をお話されてスタート!

烏野メンバー全員での寸劇「ハムレット」から始まります(?)
ほんとうに阿鼻叫喚で何を観ているのかって思っちゃいました。笑

谷地さんの村人Bの話からの発想ですかね?原作でありましたっけ?
私は気づかなかったのですが谷地さんの夢だったんですね。

影山の月がツボです(笑)< そして翌朝!

オープニングが好きすぎて、なんか感動して泣けてきます。(;∀;)

舞台って楽しいなぁ。
しんどい部分もあると思うけど作り手が楽しそうにしているからそれが伝わるんだと思う。

ずっとやってきているメンバーはキャラが染み付いていてとても安心感がありますね。

私の記憶力と動体視力では全然追いつかなくて1回観ただけじゃ把握しきれないですね。
いつものことながら目が足りない。
感想を時系列で思い出しながら書こうと思ったのですが、記憶がごっちゃになってしまってるので印象に残った所をごちゃ混ぜで書いていきます。

ハイステのキャストさんがLINE LIVEをしていた時にTシャツの四字熟語を考えるコーナーが有ったのですがそこで選ばれたのが今回の舞台で登場するとのことでした。
観るまで忘れてたのですが(笑)期末試験の勉強中に出ました!
「冷房最強」(クーラーマックス)と「四字熟語」まんまw
これは日替わりなんですかね?

全体的に谷地さん視点という感じでしょうか。原作でも試合じゃないシーズンですがそれぞれの思いが交錯して試合とは違った感じで心に来ますね。

谷地さんの帰宅部からバレー部マネになる過程もビリビリ伝わりました。

日向と影山のいざこざで前半が終わる所、暗転して会場がここで休憩…!?って空気になった。つらい。今までの印象で日向が面白い感じで15分休憩!ってフリを入れてくれるのを想像してたから余計に。

休憩が終わって、月島兄弟編。これまたつらい。
そう言えば昔の公演でも精神的に追い詰める描写つらいのがハイステだったわと思い出す。

ギスギスした空気に田中さんとノヤっさん。癒される。

烏野、音駒、梟谷が舞台上にそろうとどこ観ていいかわかりません(笑)
音駒のダンスも好きですが梟谷の鳥っぽいのも好きです。

アクロバティックな感じが増えていた気がしますね。カッコいい!
関節とか外れたりしないかハラハラしました(@o@;)
ほんとうに怪我などないように祈ります!

ちょいちょい原作と違う配役だったり、居ない人が居たりするのがちょっと気になりました。キャストで居ないならまだしも居るのに違う配役だとなんで変えたの?って思っちゃいます。
(喧嘩を止めるのが菅原さんだったり)

シリアスなシーンに緩和として登場してるのかもですが。そこに外野は無くていいかな。

あと、第三体育館の時に影山と日向は会わせちゃダメだと思う…ずっと別々で練習してる所に意味があるように思うのですが…。

と、ちょっと「ん?」って思ったところもありますがそんな思いも吹っ飛ばす感じで次々と展開されていきました。

モブ達のキャラが濃かった。楽しそうだった^^

日向と小学生達(笑)のシーン。無邪気すぎる!笑
自由な研maじゃなくて小学生w 一郎、二郎、三郎、士郎。モブじゃないけど烏養元監督が林剛史さんでした(笑)早着替え大変そう^m^

シンクロ攻撃の参考にしたブラジルの演出に最初何のことかわからずwビックリした。

影山の練習シーン。巨大ペットボトルwww可愛いなっ。

女子が出るから女装はなくなるなと思ったら無くならなかった(笑)

舞台演出では上から横長のスクリーンが降りてきてネットのようになったりするのが迫力あるなと思いました。

全体的に力を入れて観ていたようで終わってから肩や頭が痛かったです^^;

見に行く予定はないのですが、何回も観たくなりますね。お金があれば当日券で他の公演も行きたい。

まとまりがない感想になってしまったのですが、ひとまず終わります。

舞台はやっぱり劇場の空気があってライブ感があっていいなぁって思いますね。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

関連記事はこちら

ハイキュー夏合宿が舞台で上演!2017年進化の夏 キャスト・物販時間・劇場情報まとめ

2017年ハイキュー舞台!勝者と敗者 キャスト・劇場情報まとめ

2016年ハイキュー舞台「烏野、復活!」情報まとめ

2015年ハイキュー舞台大阪公演の感想!気になる及川さん達の身長を比較

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする